大阪市北区社協スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

10月31日(土)「福祉用具機器展&大相談会」を開催しました。

blog用2
午後1時30分会場でしたが、開場前からたくさんの方が待ってくれていました。
最新の福祉機器が一同に集まるということもあって、小さいお子さんや20~80代までの方総勢117名の方に来場していただくことができました。

車椅子、電動3輪、ベッドなど実際体験して、担当者から説明を聞き、「実際に見て、体験できてよかった」との声をいただきました。多くの方が来ていただいたので、説明ができなかった方もおられ、大変申し訳なく思っています。

また、大相談会では、介護保険や、認知症の方の対応について、また、生活支援や不動産のことなど専門の職員が相談をお伺いすることができました。お帰りには、全員にささやかなお土産を持って帰っていただきました。
blog用

スポンサーサイト

PageTop

成年後見制度についての研修会を開催しました。

 10月25日(土)大阪司法書士会等と共催で、第1部『成年後見制度の概要』、第2部『相続・遺言について』の研修会を開催しました。
他市からもお越しいただき、20代~90代までの幅広い年代で25名の参加がありました。

参加者から「何身等まで、後見の申し立てができますか?」「後見人の報酬はどれくらいですか?」等の質問にも一つ一つ司法書士の先生からお答をいただくことができ、参加された方から「勉強になりました」との声が聞かれました。
成年後見制度や相続については、1回聞いただけでは、なかなかわかりにくいことなので、また研修会をしたいと思います。その時は、皆様のご参加をおまちしております。

成年後見

PageTop

[若年性認知症と初期の認知症について」の第3回目(最終回)の研修会が行われました。

若年性認知症と初期の認知症について

 
8月28日(木)お天気が悪く、小雨も降っていましたが、34名の参加がありました。
3回目は認知症状の対応について、実際に介護をしているご家族のビデオを見て話し合ったり、グループに分かれて、
「介護されている方にどうなってほしいですか?」「どんな時に怒りたくなりますか?」「上手に気持ちを切り替えるには?」
などについて話し合いました。
 皆さんの本音が聞けたり、沖田先生からの助言もいただき、とても有意義なグループワークでした。
最後に沖田先生からの歌のプレゼントもあり、とても楽しく終わることができました。

 今後も地域包括支援センターは、いろいろな研修会・講演会を企画し、皆さんに発信していきますので、
また、ご参加よろしくお願いします。

PageTop

「若年性認知症と初期の認知症について」の2回目の研修が行われました。

 8月6日(木)「利用できる制度について」の研修があり、43名の参加がありました。
沖田先生に若年性認知症支援ハンドブックに沿って、
1.認知症の早期診断・治療について
2.仕事をどうしたらよいでしょうか
3.障がい者手帳の取得について
4.支援について
5.介護保険の利用について
などの説明に加え、細かいアドバイスもありました。
 また、北区介護家族の集い(家族会)の方から会についてのPRもありました。
後半30分は交流会の場とさせていただき、沖田先生への質問や家族さんからの体験談などもあり、
和やかな雰囲気で交流が行われました。

若年性認知症と初期の認知症2

PageTop

「若年性認知症と初期の認知症について」の研修会が始まりました。

 沖田先生を迎えての研修会で、50名定員をはるかに超えた87名の応募があり参加できなかった方々申し訳ありませんでした。
 さて、第1回目7月17日(木)「病気の特徴について」56名の参加があり、前半90分「認知症とは?」ということで、原因となる病気、脳の働き、中核症状と周辺症状、治療について等わかりやすく説明していただきました。後半30分は、実際家庭で介護をされている方々からの質疑応答で、先生から介護をしている方の気持ちになってお話ししていただき、参加者から「よくわかった」「良かった」の声があり、職員も喜んでいます。
 次回は、8月6日(水)「利用できる制度について」です。
 また、ご報告させていただきます。



若年性認知症と初期の認知症について

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。