大阪市北区社協スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[若年性認知症と初期の認知症について」の第3回目(最終回)の研修会が行われました。

若年性認知症と初期の認知症について

 
8月28日(木)お天気が悪く、小雨も降っていましたが、34名の参加がありました。
3回目は認知症状の対応について、実際に介護をしているご家族のビデオを見て話し合ったり、グループに分かれて、
「介護されている方にどうなってほしいですか?」「どんな時に怒りたくなりますか?」「上手に気持ちを切り替えるには?」
などについて話し合いました。
 皆さんの本音が聞けたり、沖田先生からの助言もいただき、とても有意義なグループワークでした。
最後に沖田先生からの歌のプレゼントもあり、とても楽しく終わることができました。

 今後も地域包括支援センターは、いろいろな研修会・講演会を企画し、皆さんに発信していきますので、
また、ご参加よろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop

「若年性認知症と初期の認知症について」の2回目の研修が行われました。

 8月6日(木)「利用できる制度について」の研修があり、43名の参加がありました。
沖田先生に若年性認知症支援ハンドブックに沿って、
1.認知症の早期診断・治療について
2.仕事をどうしたらよいでしょうか
3.障がい者手帳の取得について
4.支援について
5.介護保険の利用について
などの説明に加え、細かいアドバイスもありました。
 また、北区介護家族の集い(家族会)の方から会についてのPRもありました。
後半30分は交流会の場とさせていただき、沖田先生への質問や家族さんからの体験談などもあり、
和やかな雰囲気で交流が行われました。

若年性認知症と初期の認知症2

PageTop

ボランティアカフェを開催しました

 7月30日(水)、31日(木)の2日間、北区役所1階区民交流スペースで、ボランティアカフェを開催しました。

 北区役所広報誌「わがまち北区」を見て、ペットボトルのキャップなどをたくさんお持ちいただいたみなさま、ありがとうございました。ペットボトルのキャップやプルトップ、古切手、書き損じハガキなどは、北区ボランティア・市民活動センターでいつでも受け付けております。

 今回のボランティアカフェでは、区役所に来庁されたみなさまのほか、31日には、学童の子どもたちが、遊びに来てくれました。

 子どもたちも、古切手の整理を体験しました。
Vカフェ切手
ハサミで指にタコができるほど、頑張ってくれました。

 午後からは、子ども子育てプラザの『子どもバルーン隊』が登場。Vカフェバルーン隊

 7月にバルーン同友会のメンバーからバルーンづくりを教わった子どもたち。
早速覚えたバルーンを披露し、来庁された子どもたちにプレゼントしました。

 ボランティアカフェは、みなさまにボランティアについてもっと身近に触れていただく機会となるよう、定期的に開催します。
 
 次回は、9月8日(月)、9日(火)に北区役所1階区民交流プラザで開催します。
是非、遊びにきてください。

(北ボラ担当)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。